多くのゲームタイトルが存在するなかで、男女のどちらかを明確なターゲットとして開発された作品があります。ジャンルとしてはアドベンチャーやパズルなど様々なものがありますが、これらのゲームにおいて共通するテーマは「恋愛」です。

男性向けに開発されたタイトルでは男の欲求を満たすようなイベントが用意されています。同じように女性向けゲームでは女性の欲求を満たすイベントやシチュエーションがゲームの中に盛り込まれていますので、女性向けのゲームを男性がプレイすれば女性がときめく仕草やシチュエーションがわかるのではないでしょうか。

<「男性向け」と「女性向け」恋愛ゲームではここが違う>

「ギャルゲー」と呼ばれている男性向けの恋愛ゲームでは、女の子が攻略対象となります。年齢は主人公と同じか少し下で設定されており、CGイラストは女性がメインで描かれています。

学校を舞台とした作品が多く、主人公の影は薄く性格の主張のない設定で描いているのでプレイヤーの目線で物語を進めていくことができます。

対して女性向けの恋愛ゲームは「乙女ゲー」とも呼ばれており、主人公の個性が強く出されることが特徴です。攻略対象は年上の男性となり、物語の舞台も学校からファンタジーまで多岐にわたります。物語にさまざまな舞台があるためか攻略対象の年齢の幅が広く、主人公が学生という設定であっても学校以外の場所でイベントが発生するということもあります。

また主人公はその個性が強く出されるためかCGイラスト(スチルとも呼ばれます)には頻繁に描かれ、プレイヤーは主人公に感情移入しながらゲームを進めていくことになります。 男性向け、女性向けの恋愛ゲームの特徴を比べてみると攻略対象の性別はもちろんのこと、主人公との年齢差や物語の舞台などに違いがあることがわかります。特に主人公に関してはその扱いが正反対になっていることから男性と女性が好むプレイスタイルの差を伺うことができます。