ネット恋愛が珍しくなってきた今、女性たちがどんなシチュエーションで胸キュンしているのか気になりませんか? ここでは女性がネットで恋に落ちて胸キュンする瞬間をご紹介していきます。これさえ掴んでおけば女性の心を鷲づかみにできるはずです。

<ネットで恋をした女性は半分以上?>

普段からネットを利用している女性の仲で、ネットで知り合った人にネット越しで胸キュンしたことがあると答えたのは半分以上いるといいます。この数は男性にしてみれば意外に多いと思うのではないでしょうか。ですから、ネットを介して恋愛感情を抱くことは珍しいことではないということになります。

<価値観が同じ>

話していて気が合うと思うのは、価値観が同じときではないでしょうか。これは男女間のみならず同性同士でも同じことが言えます。価値観が一緒だといつまでも会話が弾み、時間が経つのも忘れてしまいます。この人と一緒だと楽しい、とネット越しでも同じことを感じるものなのです。

<気分が沈みがちなときに優しくしてくれる>

ネットを介しているのだから顔が見えないはずなのに、いつもと違う様子を察して「どうしたの?」「なにかあったの?」と言われるとドキっとするそうです。なにか見透かされているような気がして、この人なら私のこと分かってくれるかもしれないと胸キュンするのだとか。

いつもと様子が違うことをネットで気づくのはなかなか難しいところですが、仲良く接していて、なおかつ頻繁に接していれば、もしかしたらすぐに気づいてあげることができるかもしれません。

<趣味が一緒>

ゲームが好きとか、読書が趣味とか、自分の時間をどうやって過ごしているか、それぞれ色んな趣味がありますが、それが一致していると話が弾みます。お互いに情報交換もできるので、ますます一緒に過ごしたくなりますね。趣味が一緒の人に悪い人はいない、と思うふしがあるので、心を開きやすいという話も聞こえてきます。

<こまめに声をかけてくれる>

あまりしつこいとネット上でもストーカー扱いされてしまうので注意が必要ですが、こまめに声をかけてくれるということは、それだけ私を気遣ってくれているんだと女性は思うようです。他の誰よりも私を気にかけてくれる人、そんな人に胸キュンしないわけがありません。

<言葉が乱暴な男性はNG>

知り合って長くなれば言葉も馴れ馴れしくなることは珍しいことではありません。むしろ親しくなった証でしょう。しかし、上から目線で偉そうな言葉遣いはNGです。乱暴な言葉を話す男性に胸キュンする女性はいません。ネット上でのやり取りは言葉だけが頼りなので、抑揚のない会話では気持ちが伝わりにくいというデメリットがあることを忘れてはいけません。

女性が胸キュンするのはどんなときか、お分かりいただきましたか? 男性は女性の心を読むのが苦手と言いますが、こんなときにドキドキしているのかが分かれば、意中の女性に積極的にコンタクトを取ることができるでしょう。今よりももっとお互いの距離を近づけたい、できればいつか実際に会ってみたい、そんな風に思える女性がいたならば、これまでの接し方を振り返り、改善点があるのならぜひ今回の話を参考にしてみましょう。