オンラインゲームの世界では運営者が定めた様々なルールが存在します。ゲームの公式サイトに記載されている全体ルールをはじめ、ゲームの世界だけで適用されるローカルルール、ギルド内ルールなど、必ず覚えておく必要があります。

<オンラインゲーム全体におけるルール>

オンラインゲームは各企業が様々なタイトルを発表しています。それぞれタイトルによって安心して遊ぶためのルールが決まっている訳ですが、全てのオンラインゲームに適用されるルールがあるのです。これらを破るとすぐに追放されてしまうので、絶対にしないようにしましょう。

まず、「RMT」です。これは「リアルマネートレード」の略で、「ゲーム内通貨と現金を交換」することです。簡単に言えば、「日本円でゲーム内のお金を買う」ということです。RMTのサービスを提供している業者が世界中にはびこっていますが、これらを利用したことが運営にバレてしまえば即追放です。

中高年で経済的に豊かな方にとっては、そうはいっても魅力的なサービスに見えますよね。ある意味、「現金で時間が買える」訳ですから。しかし、ダメなものはダメです。RMTは犯罪なので、絶対に利用してはいけません。 また、他人のアカウントを盗む、「アカウントハック」という犯罪も横行しています。これは普通の人ができるようなことではなく、どちらかというと「被害に遭う」ことになるはずです。アカウントハックはRMTよりも重い罪になります。

<ゲームの世界だけで通用する「ローカルルール」>

各タイトルによって適用されるのがローカルルールです。これは運営者側が決めたルールではなく、プレイヤーが遊んでいる間に自主的に定めたルールになります。公式サイト等には掲載されていないので、他プレイヤーや攻略サイトから情報を集めるしかありません。

学校で例えるなら、クラス内ルールのようなものです。これに従わない場合、空気が読めないプレイヤー、或いは「キチガイ」というレッテルを貼られてしまうことに成りかねません。リア充生活のために、ルールを守ってプレイをするようにしましょう。

<ギルド内の約束事、「ギルドルール」について>

最後はプレイヤー集団である「ギルド」に適用されるルールの話です。このルールを決めるのはギルドマスターですが、守れないプレイヤーはギルドから追放されてしまうことでしょう。

例えば、「ログイン時にあいさつをする」というルールがあります。大半のギルドはこのルールを適用していますので、ゲームに入ったら「こんにちは」と一言挨拶するようにしましょう。たったこれだけでも、お互いが挨拶をすれば気持ちが良いものです。

このように、オンラインゲームの中には一定のルールが存在します。全てはプレイヤーが気持ちよく遊べるようにするためです。どのルールも厳守し、リア充ライフを満喫できるようになりましょう。