家庭用ゲーム

「あなたが知っているゲーム機は何ですか?」という質問に対して、30代から40代の方は「ファミコン」や「プレイステーション」と答えるようです。そんなオフラインの家庭用ゲームと、近年話題のパソコンで遊ぶオンラインゲームの大きな違いについて解説します。

<オンラインゲームはいつでも誰かと繋がっている>

オフラインゲーム(ファミコンなど)と、オンラインゲームの大きな違いは、「人との繋がり 」です。ご存じのように、家庭用ゲーム機は一人、あるいは二人のプレイヤーでしか遊ぶことができません。

それがあたりまえだと思っている紳士の方が非常に多いですが、それがオンラインゲームになると話が変わってきます。オンラインゲームは文字通り「オンライン」、つまり「ネット回線を用いた」ゲームになります。

常にインターネットに接続し、自宅に居ながらにして世界中のプレイヤーと一緒に遊ぶことができるのです。ファミリーコンピューターが最盛期だった時代からしたら、考えられないような「新世代のゲーム」でもあります。

そんなオンラインゲームは、いつでも誰かと繋がっているのが特徴です。それは老若男女、国や人種など全ては問いません。パソコンとインターネットさえあればいつでも遊ぶことができるのです。

<オンラインゲームには「カセット」が無い>

ゲームを遊ぶためには本体とカセットが必要ですよね。古き良き時代、ファミリーコンピューターのカセットは小さいながらも非常に高価で、子供が気軽に買えるものではありませんでした。

今現在も家庭用ゲームにはソフトが必要ですが、オンラインゲームには不要です。ゲームのデータはそのオンラインゲームの公式サイトからダウンロードすることができ、高速通信が可能になった現在では、非常に大きな容量のゲームも短時間でダウンロードすることができます。

また、「基本プレイ無料」のゲームも非常に多いです。ちょっと遊ぶ分にはお金がかからないので、様々な年齢層もプレイヤーが遊んでいます。これからオンラインゲームを始める方が、とりあえず無料のタイトルから手を出してみましょう。

<オンラインゲームにはエンディングが無い>

どんなゲームにもエンディングが存在します。勇者が魔王を倒せばゲームクリアというRPGが一般的な中、オンラインゲームにはその「魔王」が存在しません。なぜなら、常に新しいコンテンツが追加されていくからです。

これを「アップデート」と呼びます。定期的に新しいダンジョン、武器、モンスターなどが追加され、いつまでレベルを上げても終わらないようになっています。それどころか、プレイヤーにとっての難易度は上がっていく一方です。

このように、家庭用ゲームとオンラインゲームには、非常に大きな違いがあることがわかったと思います。決して敷居も高い訳ではなく、今では小学生でも遊べるオンラインゲームがたくさんあるくらいです。是非挑戦してみてください。