肩こりや目の疲れなどの症状はパソコンを日常的に利用している人にとって、もはや職業病とも言える症状です。しかし最近では新たな症状が報告されるようになりました。スマートフォンやタブレットの普及に伴って増加した症状とはどんなものなのでしょうか。もしかしたら貴方も知らずに症状がでているのかもしれませんよ。

<親指の腱鞘炎「ドケルバン病」>

スマホを片手で操作したりパソコンなどで文字を入力したりする時に手首に痛みを感じたことはありませんか。もしもその痛みが親指を使うことで起るとしたら、ドケルバン病である可能性があります。

ドケルバン病とは親指の使いすぎで起る腱鞘炎の一種で、主にスマートフォンの片手操作や文字入力の時に親指を酷使することが原因とされています。 症状が軽い場合にはテーピングなどで親指と手首を固定したりステロイド注射で痛みを抑えたりすることも可能ですが、症状が重い場合や再発を繰り返している場合には手術をすることもあるそうです。

<小指の変形!?「テキストサム損傷」>

まず自分の両手の小指よく見てみて下さい。貴方の小指は真っ直ぐになっているでしょうか?もし小指の第一関節と第二間接の間にヘコミやタコなどができていたら、テキストサム損傷の可能性があります。

テキストサム損傷とは小指に過度の負担がかかることによって指が変形してしまう症状。スマートフォンやタブレットを小指で支える持ち方をしている人がこのテキストサム損傷になるケースが年々増加しているそうです。

関節は1度変形してしまうと直すことはできないと言われていることから、テキストサム損傷の治療法はないとされています。小指にスマートフォンやタブレットを乗せないように持ち方を変えてみたり、利用時間を減らしたりといった対策を普段から行うことが大切です。

<頭痛や吐き気の原因にも!?「ストレートネック」>

ストレートネックとは首を下に傾けたときに、首のラインが真っ直ぐになってしまう症状。パソコン操作や車の運転など長時間同じ姿勢をとる人多く発生すると言われており、最近ではスマホやタブレットを長時間使用する人にも起りやすい症状として警戒されています。

ストレートネックは首への負担が継続的にかかることから、慢性的な肩こりや頭痛といった症状を引き起こすだけではなく吐き気やめまいの原因となることがあります。

長時間パソコンを操作する方、座ると首や肩がこるという人はまず普段の姿勢から見直してみて下さい。良い姿勢をすることによって首や肩の筋肉の余計な緊張を取ることができるので、ストレートネックの予防に効果的です。 また「ストレートネックに効果があるストレッチ」というものもインターネットで紹介されていますので、こちらを試してみても良いでしょう。

最近多く報告されるようになった症状を3つ紹介しましたが、このほかにも巻き肩やブルーライトによる失明など、パソコンやスマートフォンによって引き起こされる新しい症状が次々と報告されています。

オンラインゲームが手軽にできるようになった現在、長時間にわたるプレイをする人も増えてきていますが、このような症状を引き起こさないためにも適度な休息を挟むことも大切です。