新しいタイトルがリリースされるたびに爆発的ヒットとなる「モンスターハンター」シリーズ。芸能人がこぞってプレイしていることでも有名ですね。有名になればなるほど、未プレイの方にとっては縁遠い存在になっているかもしれません。そんな方のために、今回はこの「モンスターハンター」シリーズについて初歩的な知識をご紹介したいと思います。

<モンハンの歴史>

今や大ブームとなっている「モンハン」。第一作目の「モンスターハンター」がPS2でリリースされたのは2004年のことです。広大なフィールドを駆け巡り、巨大なモンスターを倒すゲーム性に加え、他のプレイヤーと協力して狩りを楽しめることでも話題となりました。しかし、PS2でオンラインに接続するには、外部機器が必要となるなど比較的ハードルが高かったため、当時はそれほどのブームにはなりませんでした。

モンハン人気に一気に火を付けたのは、携帯ゲーム機「PSP」でリリースされた「モンスターハンターポータブル」シリーズです。同じ場所に集まれば手軽に協力プレイができることから徐々に人気となり、発売から2年で100万本以上の売り上げとなりました。その後はシリーズの集大成的作品である「モンスターハンターポータブル 2nd G」で人気を決定的なものとします。

2011年に発売された「モンスターハンター3G」からはハードを3DSに移し、ナンバリングを重ねています。2016年時点での最新作「モンスターハンタークロス」は、それまでのタイトルにはなかった「狩技」を導入し新たな可能性をプレイヤーに示しました。数々のスピンオフや、メディアミックスも展開しており、今や「モンハン」は国民的コンテンツと言っても過言ではありません。

<「モンスターハンター4」からはオンラインプレイ可能に!>

携帯ゲーム機で爆発的人気となったモンハンですが、「一つの場所に集まらないと協力プレイできない」ことが一つのデメリットでした。離れた場所にいるプレイヤーと協力プレイを楽しむためには、別途専用の機器を用意する必要があったのです。機器を用意できないプレイヤーはソロプレイによる過酷な戦いを強いられていました。

2013年に発売された「モンスターハンター4」ではついに、そんなプレイヤーが待望していた3DS単体でのオンラインプレイが可能になったのです。自動でマッチングされるため、あらかじめフレンドを作っていなくても協力プレイが可能です。通信ラグによるストレスもほとんどなく、快適さは実際に集まってプレイしているときと遜色ありません。以降、3DSでリリースされているすべてのモンハンで、このインターネット経由の通信プレイが採用されています。

<凄腕ハンターが集う「モンスターハンターフロンティア オンライン」>

モンハンシリーズを語るうえで忘れてはいけないのが、Windows、PS3などでリリースされている「モンスターハンターフロンティア オンライン」です。携帯機のモンハンと違い、こちらは基本的にオンランプレイをする前提で制作されています。

「フロンティア」のコンテンツ数は他のモンハンの比ではありません。登場するモンスターも桁違いに強いものばかりです。月額課金制となっているのも携帯機モンハンとの大きな違いです。そのためフロンティアには、狩りを日常としているような一味違うハンターたちがそろっています。

いかがでしょうか?今回の記事で、モンスターハンターの楽しさが少しでもみなさんに伝わればと思います。プレイヤーが多いこともモンハンの特徴。ひとたび狩りを始めれば、たくさんのハンターがあなたを待って