任天堂が制作している「ポケットモンスター」シリーズ。「ポケモン」を育成していく楽しさで、子供たちを中心に人気のシリーズです。1996年にゲームボーイで発売された第一作「ポケットモンスター赤・緑」から通信ケーブルを使用して対戦することができましたが、新しいシリーズでは、インターネット通信を利用して世界中のプレイヤーと対戦することが可能となっています。

可愛いキャラクターのイメージから子供だけが楽しむゲームと思われがちなポケモンですが、実は対戦ではかなり深い読みが要求される戦略的なゲームです。今回はポケモン対戦のディープな世界に触れてみたいと思います。

<キャラクターからは想像できない、「ガチ」なゲーム>

第一作「ポケットモンスター赤・緑」では、特定のポケモンさえそろえれば対戦では負けることはないといっていいほど単純なゲームでした。しかし、シリーズを重ねるごとにシステムは複雑化し、今では非常に深い知識と緻密な戦略が要求されるゲームになっています。戦い方によっては、相手とのレベル差が倍以上あっても勝ててしまうほどです。

ポケモン対戦をする上で必須となっているのが、「種族値」、「個体値」、「努力値」の通称「3値」と呼ばれる数値への理解です。種族値はポケモンの種類ごとに決まっている数値で、HPや攻撃力といったステータスの伸びに影響してきます。個体値も数値の伸びに影響しますが、こちらは同じポケモンでも個体によって異なります。努力値は敵を倒すことによって貯まるポイントのようなもので、各ステータスに割り振られていきます。これら3値の影響で、同じレベルの同じポケモンでもステータスに歴然とした違いが生まれてくるのです。

他にもポケモンの相性、アイテムといった要素が勝敗に影響してきますが、最後に雌雄を決する要因はプレイヤー同士の読み合いです。ファンシーなキャラクターに似合わない緊張感のバトルがプレイヤー間で繰り広げられています。もちろん、子供たちが楽しめるゲームなのは昔から変わりありませんが、今やポケモンは大人が真剣にプレイできるゲームでもあるのです。

<プレイヤー間ではオンライン対戦が盛ん!>

従来は近くのプレイヤーとしか対戦できなかったポケモンですが、「ポケットモンスターX・Y」をはじめとする新しいタイトルでは、インターネットを利用したオンライン対戦が可能となっています。ポケモンは世界をまたにかける人気ゲームとなっていますので、オンライン対戦で海外のプレイヤーと対戦することもできるのです。

最強のプレイヤーを決める公式大会は昔から開催されていましたが、昨今ではオンライン対戦を利用したユーザー主導の非公式大会も頻繁に行われています。そうした大会で繰り広げられた対戦の様子が動画投稿サイトに投稿されていることもあり、他のプレイヤーはまるで将棋の対局を見るようにそれらの動画を視聴し、プレイの参考にするのです。

いかがでしょうか?真剣にプレイしている人の多いことがわかると逆にうかつに手を出しづらくなってしまうかもしれませんが、育成に必要な情報は、インターネットで簡単に見つかるので、新規でポケモンを始めてもすぐになじめるはずです。知れば知るほど奥が深いのがポケモン対戦の世界。興味があれば、ぜひ足を踏み入れてみてください。