小さな気遣いが心をうつこと、ありますよね? それはオンライン上だとさらに効果が上がります。顔が見えないからこそ、ちょっとした気遣いがじーんとすることもあるものです。

<文字の世界であることを忘れるな!>

オンラインゲームの中にはボイスチャットをしながらできるものも存在しますが、大抵は文字でのチャットが会話の主になります。 声で伝えることができれば、声のトーンや調子などでニュアンスを伝えることもできます。ですが、文字の世界になると感情がうまく伝わらずにトラブルになってしまうこともあります。 オンラインゲーム上でのつながりは文字であることを忘れてはいけません。普通に会話するときでも、気配りを忘れずに。自分が冗談のつもりで言った言葉が相手を傷つけてしまうことだってあるのです。

「これは本当に言ってもいいのか」と一歩立ち止まるくらいの広い気持ちでいましょう。

<気配りで好感度アップ!>

一緒にレベル上げをしている時、仮にすでに深夜と呼べるような時間帯であったら、相手に「大丈夫?眠くない?」と聞いたり、あるいはギルドやクランに所属していて低レベルのキャラクターがいたら「何か手伝おうか?」と聞いてみたりなどなど、できる気配りはたくさんあります。 こうした小さな気配りを続けていくことで、女性からは「この人、優しいんだな」「気配りできる人ってすごい」という感情をもたれやすくなります。

もちろん、異性だけでなく同性からも信頼を得ることができます。 最初はどんな気配りをしたらいいのかわからないかもしれません。そんなときは「自分がしてもらったら嬉しいこと」を想像しましょう。 そして実行すれば、高い確率で好感を持たれるでしょう。

リア充になるための関係作りは小さなことの積み重ねです。 顔が見えないというハンデがあるからこその好感度の上げ方もありますから、この「気配り」を実践して好感度を上げて気になる子の気持ちをつかみましょう!そうすればリア充への道も進みます。