仲間とのチャットもオンラインゲームの楽しみのひとつです。攻略の手を休めフレンドと語らってみると、その人のリアルな人柄が見えてくることがあります。そうなると、その人のことをもっと知りたくなったり、実際に会ってみたくなったりするのが人間の心理。

しかし、オンラインゲーム上でリアルの話を切り出すのは少し勇気がいるものです。そんな方のために、今回はオンライン上の出会いを、リアルな恋愛につなげていくための話術についてお話ししたいと思います。

<リアルの話は自分から!>

何回か一緒にプレイして仲良くなっても、プライベートのことを話題にしないプレイヤーがほとんどかと思います。「プライベートの話はしない」、これがオンライゲーム上のプレイヤーにある共通認識だからです。そのため、「もっとこの人のことを知りたい」という当たり前の感情が芽生えても、何も聞かないプレイヤーがほとんどかと思います。

プライベートの話を聞き出したければ、まずフランクに自分から小さな情報を提供してみましょう。「今日は仕事でログインが遅くなっちゃった」と切り出せば「どんな仕事をしているのかな?」という興味を与えると同時に、プライベートの話をするのに抵抗がないというアピールにもなります。頻繁にプライベートの話をしているうちに、相手も自分のことを話してくれるようになるかもしれません。

<会うのは意外と簡単?問題はその後…>

話が盛り上がれば、実際にフレンドと会ってみたいと思うかもしれません。しかし、多くのプレイヤーが「オンライン上の仲のいいフレンド」で終わってしまうのです。お互いが距離的に現実的な場所に住んでさえいれば、会うことは可能なはずです。なぜ、実際に会わないプレイヤーが多いのでしょうか?

大きな理由が、「タイミングを見計らっているうちにゲームを引退してしまう」ということです。確かに実際会うということは、覚悟のいる行動です。そのため、「もっとプライベートの深い話ができるようになってから」と考えるのも至極当然と言えます。そうしているうちにどちらかがゲームからフェードアウトしてしまうのです。当然連絡先を聞いているわけではないので、そのフレンドとはそれっきりになってしまいます。

このことを鑑みると、「会ってみよう!」という話は、もっと早い段階で切り出してもいいと言えます。連絡先や正確な住所を知らない間柄でも、ゲーム内のチャットを利用すれば待ち合わせすることができます。本名を知られたくないなら、キャラクターの名前で呼び合いましょう。信頼できるまで明かしたくない情報は、実際に人柄を確認できてから教えあえばいいのです。

ゲーム内と同じように気が合うことが確認できたなら、そのままお付き合いをはじめてもいいでしょう。現にオンラインゲームから成立したカップルはたくさんいます。ひとつだけ注意しなくてはいけないのが、夜の営みです。ゲーマーの男性は運動不足で自覚のないうちにEDになっていることも多いのです。可能ならバイアグラなど治療薬を常備しておいたほうが安心でしょう。また、必ずしっかりとしたクリニックで処方してもらったものを使ってください。ネット通販は確かに便利ですが、偽物が横行しています。

オンラインゲームでプライベートの話をすることは、タブー視されています。しかし、これには具体的な罰則があるわけではなく、大人が良識をもってプライベートの話をするぶんには問題ありません。あせらず、少しずつ、フレンドといい関係を築いてリアル生活でも素敵なパートナーを見つけてください。